査定之助BLOG

物件売却に役立つ

様々な情報を発信します。

家を売りたい方必見!「家を売る基礎知識」と「後悔せずに家を売るコツ」

後悔せずに家を売るには、「事前の情報収集」と「不動産会社の比較」が大切です。

家の売却を考えているほとんどの方が、家を売るのが初めてで、何から始めたら良いのか悩んでしまうことが多いのです。

そこでこの記事では「家を売りたい!」と考えている方のために、「家を売る基礎知識」「後悔せずに家を売るコツ」をご紹介します。

あなたの大切な資産を手放すご参考になれば幸いです。

【基礎知識】家を売りたいなら「流れ」を把握しよう

まず家を売る基礎知識として、家を売る流れを押さえておきましょう。

家を売る流れ

インターネットなどから査定依頼をした場合、一般的に以下のような流れになります。

①査定依頼
インターネットを通して物件の情報(面積・築年数など)を入力。不動産会社へ査定を依頼します。

②机上査定(簡易査定)
不動産会社から簡単な査定結果が届きます。

③訪問査定
より正確な査定価格を算出するために、不動産会社が訪問して家の査定をします。

④媒介契約
「仲介」で売却する場合は、不動産会社と媒介契約を結びます。
「買取」で売却する場合は、媒介契約は結ばずにそのまま買取へと進みます。

「仲介」と「買取」それぞれの特徴については、後半でご紹介します。

⑤売却活動開始
不動産会社が算出した「査定価格」をもとに、売り主(=あなた)が売り出し価格を決めて家を売り出します。
売却活動中には、家の内覧希望者が現れたら内覧の対応などを行います。

⑥売買契約・引き渡し
家の購入希望者が現れたら、条件を擦り合わせて売買契約を行います。
引き渡し期日に、物件の引き渡しや決済、登記手続きなどを行い、家の売却が完了です。

家の査定で必要な情報は?

インターネット上での査定依頼に必要な情報は主に3つあります。
「物件情報」「ご相談理由」「ご連絡先」です。以下で詳しくご紹介します。

1.物件情報
・物件種別(一戸建て・マンション・土地など)
・査定物件の所在地
・建物(専有)面積
・土地面積
・間取り
・築年数
・物件の現状(居住中・賃貸中・空室など)
・査定物件との関係(名義人・名義人の家族など)

2.ご相談理由
・査定理由(住み替え・相続・離婚など)
・希望、相談内容(税金について・住宅ローンについて相談したいなど)
・売却方法

3.ご連絡先
・氏名
・年齢
・ご住所
・電話番号、メールアドレス

家の訪問査定で必要なものは?

家の訪問査定前には、主に以下のような書類を用意しておくとスムーズに査定が行えます。

・登記簿謄本
・公図
・土地の測量図あるいは建物の図面

査定前に準備しておく書類や入手方法については、こちらの記事もご参考にどうぞ。
住宅査定で押さえておきたい3つのポイント!準備するものや注意点も解説

後悔せずに家を売るコツは「情報収集」と「比較」

家を売ってから後悔してしまう方の理由として
「相場より安く売ってしまった」
「不動産会社をもっと比較するべきだった」

という声がよく聞かれます。

こういった後悔を避けるためにも、「事前の情報収集」と「不動産会社の比較」が大切になります。
ここでは、情報収集の方法と比較の方法についてご紹介します。

家を売るときの情報収集の方法とは?

家を売ってから後悔しないためには、事前の情報収集はしっかりと行いましょう。
特に、家の売却価格の相場を知っておくことは非常に重要です。

国土交通省 土地総合情報システム』では、過去に売却された不動産の情報をどなたでも見ることができます。
ご自身が売却したい家と「地域・間取り・築年数」が近い物件の売却価格を調べることで、家の売却相場を知ることが可能です。

さらに、物件検索サイトなどで実際に売り出し中の物件の価格を見てみることも良いでしょう。
相場を把握しておくことで、不動産業者の査定を受けた際に「高い・安い」の判断や、売り出し価格の設定をしやすくなります。

不動産会社を比較するポイント

不動産会社へ査定を依頼するときは、一社だけではなく、複数の不動産会社へ査定を依頼することをおすすめします。
いくつかの不動産会社へ査定を依頼してみるとわかるのですが、査定価格には各社違いがあります

家の価格は金額が大きいため、差額が数百万円になることも珍しくありません。
ここではより良い不動産会社へ売却を依頼するために、比較するポイントをご紹介します。

ポイント1.査定価格を比較

査定価格は、具体的な金額で示されるため、比較がしやすいポイントです。
家の査定で提示される査定価格は、あくまで売却予想価格であるため各社金額に差があります
差が大きい場合だと、数百万円単位で違うので、その価格で売り出し価格を決めてしまうと売却価格にも数百万円の差が出るでしょう。

ただし、やみくもに高い査定を信じて依頼すると、最初は高い査定価格で売り出し、売れない期間が続いた上で値下げをするといった状況になってしまう可能性もあります。
そのため、査定価格と合わせてチェックするべきポイントを次にご紹介します。

ポイント2.査定価格の根拠

査定価格は比較しやすいポイントと前述しましたが、合わせて査定価格の根拠も重要なポイントとなります。

「査定価格=売却予想価格」と書きましたが、その価格が高い場合は高くても売れると評価してくれているのか、単に自社を選んで欲しいから高い査定額を出しているかを判断することも大切です。
もちろん、売却する自信があるため高い金額を提示してくれている場合もあります。
他の不動産会社に比べて、高い査定額を提示してくれた不動産会社が居たら、ぜひ理由を尋ねてみると良いでしょう。

ポイント3.家の売却実績

実は不動産会社にも、得意、不得意な分野があります。
例えば、新築マンションの売却が得意、中古物件の売却が得意など、それぞれの不動産会社により得意分野が異なります。
家を売るなら、その地域で中古の戸建て売買が得意な不動産会社にお願いしたいところ。

得意分野を確認するためには、ホームページを見てみましょう。
「賃貸」に力を入れていたり、「売買」に力を入れていたりとトップページで強調されている項目が不動産会社の得意分野と言えます。

また、ホームページを確認する際は、会社概要に記載されている”宅地宅建取引業の免許番号”もチェックしてみましょう。
家の売買を仲介する不動産会社は、宅地宅建取引業の免許が必要となっており、免許番号が以下のように記載されています。

国土交通大臣(1)第○○○○号

東京都知事(4)第○○○○号

複数の都道府県にまたがって事務所がある場合には、「国土交通大臣」1つの都道府県内にある場合は「都道府県知事」が免許交付者となっています。

免許の更新は5年に1回(1996年3月31日までは3年に一回)あり、免許交付者の後にあるカッコ内の数字が更新回数を表しています。
このカッコ内の数字が大きければ長く営業している証拠なので、信頼できる不動産会社と判断する一つの基準になるでしょう。

ポイント4.提案内容が納得できるか

いくつかの不動産会社を比べてみるとわかるのですが、各社サービスにも差があります。
営業活動として、どんなこと行ってくれるのか、売却までの手順を明確に伝えてくれているかなど、不安を持たずに安心して任せられるところに依頼しましょう。

各社の違いの例をあげると、大手は広いネットワークを持っており拡散力が高いためスピーディに売却できる可能性が高いでしょう。
一方で、中小の不動産会社は地域に密着した営業活動を行なっているため、独自の情報や人脈を持っていたり、大手と比べて融通がききやすいといった特徴があります。

営業の担当者は、自社のアピールポイントを伝えてくれるため自分に合っていると感じる不動産会社を選びましょう。

ポイント5.売却方法

不動産会社が提案してくれる売却方法には、2つの方法がありますのでそれぞれ特徴を知っておきましょう。

売却方法特徴
仲介・最も一般的な売却方法
・売り出し価格を決めることができる
・売れるまで期間を要する場合がある
買取・短期間で売却できる
・仲介手数料がかからない
・売却価格が安くなりやすい

【仲介】不動産業者に家の購入者を探してもらう

最も一般的な売却方法が、「仲介」を利用して売却する方法です。
売り主が売り出し価格を決めることができるので、次に紹介する「買取」に比べると高く売れる可能性があります
一方で、価格設定を相場よりも高くしてしまうと、なかなか売れないという事態にも繋がりますので注意が必要です。

【買取】不動産業者が直接家を買い取る

家の買取を行なっている不動産業者に、直接家を買い取ってもらう売却方法です。

最短で2週間ほどで家を売ることができるので、売却を急いでいる方にはおすすめです。
直接不動産業者に買取をしてもらうので、内覧の案内などの手間もかかりません。

「早く楽に売れるなら買取が良い」と思いますが、期間も手間もかからない分、売却価格が安くなってしまうという特徴があります。

仲介で売却する時に比べて、およそ2〜3割ほど安くなる傾向にありますので、よく検討してから納得できる方法を選ぶと良いでしょう。

まとめ

後悔せずに家を売るには、家を売る流れを把握し「事前の情報収集」と「不動産会社の比較」をしましょう。
最後に、この記事でご紹介したことを以下にまとめておきます。

【家を売る流れ】
①査定依頼
②机上査定(簡易査定)
③訪問査定
④媒介契約
⑤売却活動開始
⑥売買契約・引き渡し

【情報集の方法】
・『国土交通省 土地総合情報システム』で過去の売却事例を見てみる
・近隣に売り出し中の物件がないか調べる

【不動産会社を比較するポイント】
・査定価格
・査定価格の根拠
・家の売却実績
・提案内容
・売却方法

これらがすべてではありませんが、比較基準を持つことで、より良い条件で家を売ることができるでしょう。

家の売却をお考えの方は、ぜひ一括査定サイト「査定之助」をご利用ください。
あなたの大切な資産を手放すお手伝いを致します。

良い不動産会社に巡り合い、納得して家を売る手助けになれば幸いです。

いくらで売れる?無料査定スタート