査定之助BLOG

物件売却に役立つ

様々な情報を発信します。

失敗しない家の査定方法とは|査定の仕組みや注意点を解説

「家を売ろうと思った時」や「家の価値を知りたい」場合、不動産会社に家の査定をしてもらう必要があります。

家の査定は、不動産会社によって金額が異なることはご存知でしょうか?

なぜ”同じ家でも不動産会社によって査定金額が違う”のかを理解するには、査定の仕組みを知っておく必要があります。

そこで、この記事では「家の査定の仕組み」や「査定を依頼するときの注意点」について解説します。

家の売却は不動産会社選びで、数百万円の違いが出ることも珍しくありません。
後から後悔しないためにも、査定の仕組みや注意点を理解し、比較した上で売却までの手順を進めていきましょう。

【家の査定の仕組み】

家を売る場合は通常、不動産会社に「仲介」を依頼し、家の買主を探してもらいます。

車の査定なら、”査定金額”でそのまま車屋さんが車を買い取ってくれますが、家の査定はそうはいきません。
ここでは、家の査定の仕組みについてわかりやすく解説します。

家の査定で何がわかる?

家の”査定金額”は、言うなれば”売却予想金額”のことです。

査定とは、「家がいくらで売れそうか?」という金額を算出してもらうこと。
比較対象となる物件が異なるため、不動産会社によって異なる査定金額を提示することも多々あります。

査定金額はあくまで予想額であるため、実際の売却時の価格と乖離することもあります。

査定金額と実際の売却額の関係には「タイミング」や「物件の人気度」などの様々な要因が影響するため、家を賢く売るためにはこうした機会の見極めが非常に重要です。

《関連記事⇨【初めての方向け】賢い家の売り方を教えます!売却の流れや基礎を解説

どんな情報をもとに査定価格を決める?

不動産会社は、主に過去の売却事例などを元に査定金額を決めています。

  • 立地
  • 築年数
  • 面積

など、条件が似ている物件の過去の売却事例や、リフォーム状況などにより査定金額を計算します。
近隣で同じような物件が売りに出されている場合は、金額に影響することもあるので覚えておきましょう。

《関連記事⇨不動産を売却するなら【価格査定の方法】を知っておこう

家の査定を行う方法

家の査定を行う方法には大きく分けて「訪問査定」と「机上査定」が存在します。
ここではそれぞれの方法や特徴を解説します。

訪問査定

訪問査定とは、不動産会社が実際に物件を訪ねて査定金額を算出する査定の方法です。

物件の「内装·外装の状態」や「周囲の景観との兼ね合い」といった要因は査定額に大きく影響します。
訪問査定では、こうした建物の詳細な条件を直に確認することで、より正確な査定金額を算出することが可能です。

また、不動産のプロの目線ならではの「このキッチンはリフォームした方が高く売れる」「築年数は経っているが、この外装であればまだ塗装の必要はない」といったアドバイスを受けることもできます。

このように訪問査定は物件の実情を知ることができるものの、1回の査定に時間や手間がかかってしまうというデメリットも有しています。

効率性にかけることから訪問査定は売却する不動産を既に決めているような場合に適した査定の方法であり、複数の不動産業者へ相見積もりを行う場合にはあまり適さないでしょう

机上査定

机上査定とは、「築年数」「最寄り駅からの距離」「広さ」といった客観的な情報を周辺物件の価格と照らし合わせながら査定金額を算出する方法です。

机上査定はオンライン上で行うことも可能であり、気軽に査定を行うことができる上に容易に査定金額を知ることができます。

また、オンライン査定を行なっているサービスの中には複数の不動産会社との比較検討が可能なサービスも存在します。

マンションの場合は元から構造は決まっていることが一般的であり比較対象となる物件との間に乖離があることが少ないため、ある程度正確な査定金額を算出することができます。

一方、戸建ての物件の場合は物件ごとの条件に差が生じやすいため、正確な査定金額を算出することが難しい場合もあります。

実際に査定金額と異なることもあるため机上査定を行った上で、好みの不動産会社へ訪問査定を依頼してより正確な査定金額の見積もりを行うことが多いようです。

訪問査定を行う手順

訪問査定を行う手順や用意の必要なものを解説します。

正確な査定額を求めることのできる訪問査定ですが、事前に準備が必要なものが多いため時間に余裕のある状態で依頼すると良いでしょう。

1.住宅ローンの返済残高を確認する

住宅ローンを完済していない場合は、住宅ローンの返済残高を確認しましょう。
売却時には、返済できていない住宅ローンは完済していなければならないためです。
売却を行なう際になって資金不足になってしまうことのないよう、事前に確認しましょう。

2.必要書類の準備

査定に必要な書類の用意を行います。
訪問査定では以下の書類の提示を求められることが一般的です。

  • 登記簿謄本
  • 公図・測量図
  • 測量図
  • 登記済権利証
  • 身分証明書
  • 印鑑証明書

これらの書類には自治体の役所で発行できるものだけでなく、測量士など複数の発行者を必要とする場合もあるためなるべく早めに発行の手配を行いましょう

また、ここに挙げた書類以外にも「売買契約書」や「リフォーム時の契約書」などの提示を求められることがあるため、訪問査定を依頼する不動産会社へ必要な書類の確認を行うとスムーズに査定を進められるでしょう。

3.修繕履歴や告知事項の整理

「雨漏り」や「シロアリ被害」などによる修繕を行なっている物件である場合や、「死亡者が発生している」「近隣に迷惑行為を行う住人がいる」などの事情を抱えている場合はこうした状況を整理しましょう。

こうした事情のある物件は「瑕疵(かし)物件」と呼ばれ、瑕疵物件を売却する売主には瑕疵が存在することの告知を行う義務が生じます。

この告知を怠ると告知義務違反に問われるだけでなく、トラブルに発展しやすいため注意が必要です。

机上査定を行う手順

机上査定を行う場合は書類などの用意は必要ありません。

売却を検討している物件の「住所」「築年数」「最寄り駅からの距離」「広さ」などの情報を整理しましょう。

特に、「広さ」などの情報は登記されている正確な情報でなくても「だいたい〇〇~〇〇平米」といった情報だけでも簡易的な査定ができる場合もあるため、あまり深く考えなくても査定を行うことができます。

家の査定の注意点

家の査定は無料で行えますが、簡単に売却を依頼してしまうと損をしてしまう可能性があります。
注意点を抑え、損をせずに売却しましょう。

家の査定は比較が必須

冒頭でもお伝えした通り、査定金額は売却予想金額のことで、不動産会社により金額が異なります

そのため、各社の査定金額を比較することが大切です。
最終的に家を売り出す価格を決定するのは、不動産会社ではなく「売主」です。
いくつかの不動産会社に、査定金額を出してもらうことで価格決定に必要な「相場感」も身に付きます。

家の査定をするなら、複数の不動産会社へ査定を依頼し比較することをおすすめします。

信頼できる不動産会社に依頼する

家の査定は無料”ということをご存知の方は多いと思います。
それは、家を売る側にとってはメリットですが、不動産会社は査定だけでは利益になりません。
不動産会社は、実際に売却の仲介をすることで仲介手数料を得て、初めて利益となります。

そのため、不動産会社は自分の会社を選んでもらうために、様々な営業やサービスで売主の注意を引きます。

売主と不動産会社は二人三脚で売却を進めていくため、自社の利益だけではなく、売主に寄り添って意見を聞いてくれる信頼のできる不動産会社を見極めることが大切です。

以下のようなポイントで不動産会社選びを行うと、より良い不動産会社に依頼することができるでしょう。

  • 査定価格に明確な根拠がある
  • 適切なアドバイスしてくれる
  • 地域での売却実績がある
  • 売主の意見を尊重してくれる

家の売却は一生のうちに何度もあることではないので、依頼する不動産会社も比較をしながら慎重に選びましょう。

《関連記事⇨【中古マンション】査定を受ける時の注意点と高く売るためのポイント
《関連記事⇨住宅査定をする前に知っておきたい3つのポイント

家の査定は一括査定サイトが最適

ここまで何度も”比較が大切”ということをお伝えしてきました。
家の査定や不動産会社の比較には、一括査定サイトを利用すると便利です。

通常、いくつかの不動産会社に査定を依頼をするとなると、1社ずつ連絡をして、その都度物件の情報を伝えなければなりません。
一方、不動産一括査定サイトを利用すると、1度簡単な情報入力をするだけで複数の不動産会社から見積もりが届きます。
全ての不動産会社とやりとりをする必要はなく、気にいった不動産会社を選び、訪問査定を依頼します。

家の査定「よくある質問」

匿名で査定を依頼することは可能?

過度なセールスをされることに抵抗を感じ、連絡先などを伝えずに査定を行いたいと考える方もいるのではないでしょうか。

インターネット上で匿名(個人情報や連絡先を伝えない)でオンライン査定を行うことのできるサービスも存在します。
しかし、匿名では詳細な条件を把握することが難しいため、正確な査定金額を算出できない場合が大半です。
より正確な査定金額相場だけを知りたい場合は、匿名で査定を依頼するよりも「レインズ」などで過去の売却事例を見ることが参考すると良いでしょう。

査定サイトを利用するといきなり家を訪問されないか心配

適正に運営されている査定サイトは、提携する不動産会社に対して一定の基準を設けており「悪徳」と呼ばれるような不動産会社とは提携していません。
ですので、個人情報を入力したからと言って、不動産会社がいきなり家を訪問するようなことは無いのでご安心ください。

電話がたくさん来ないか心配

一括査定をすると、たくさんの不動産会社から一度に連絡が来るのでは・・・と躊躇ってしまう方も少なく無いでしょう。
たくさん比較したい方は、一度に10社以上連絡が来ても嬉しいと思いますが、多くの方は

「比較はしたいけど、多すぎるのも困る」

と感じているのでは無いでしょうか。

当社サービス「査定之助」では、厳選された不動産会社最大5社からのみご連絡を差し上げます。
不動産業者向けソフトのリーディングカンパニー として信頼のある不動産企業とのみ提携しているため、しつこい営業はありません。
家の査定をお考えの方はぜひ、一度ご相談ください。

まとめ

「家の査定の仕組み」や「査定を依頼するときの注意点」について解説しました。
家の査定金額は、売却予想金額のため不動産会社によって金額が異なります

そのため、複数の不動産会社へ査定を依頼し、比較してみることが大切です
査定を依頼する時は、一括査定サイトを利用し、信頼できる不動産会社を選定して売却を依頼すると良いでしょう

一括査定サイトを利用すると、「連絡がたくさん来て大変そう」と心配な方は、ぜひ査定之助をご利用ください。
厳選された不動産会社最大5社のみからご連絡を差し上げます。

あなたの大切な資産を満足して手放すお手伝いができれば幸いです。

いくらで売れる?無料査定スタート